学生の声

この人なら大丈夫と信頼される介護福祉士になりたい

大西 悠衣香 さん

母が介護福祉士なので、昔から高齢者と関わる仕事がしたいと思って高校も介護コースを選びましたが、もっと専門的に学びたいと考えるようになりました。

学校を探している時に参加したオープンキャンパスで、先輩と先生たちの楽しそうな雰囲気がとても印象的で自分に合っていると思い、神戸リハに決めました。入学してからも話しやすい先輩や先生との関わりも多く、毎日が楽しいです。入学前に「ここで学びたい!」と思える学校選びをすることが、学生生活を送る上でも大切であると実感しています。

学ぶべき内容が山盛りで勉強は毎日大変ですが、学生グループで計画して発表を行ったり、クラスメイトと協力しながら介護方法を練習したり、自主的に学ぶ授業も多く幅広い知識と技術が身につけられていると思います。

将来は「この人なら大丈夫!」と利用者やご家族、周りの職員から信頼される介護福祉士になりたいです。

 

介護業界の発展にも貢献できる人材を目指したい

  笹木 晃朋 さん

高校を卒業してから携帯販売員として働いていました。携帯操作は高齢者にとって難しいことも多いため、丁寧に接客することを心がけていましたが、その対応に感謝の言葉を頂くことが増えてきました。徐々にもっと高齢者と深く関わる仕事に就きたいと思うようになり、介護福祉士を目指しました。友人の勧めで神戸リハを知り、教育内容が充実しているだけでなく、交通の便の良さや経済的負担を抑えた学費設定ということに魅力を感じ、ここで学びたいと思いました。

入学してからは、特に介護実習が大変でしたが、実習を通して現場を知ることで自分が今後やるべきことが明らかになり、成長できたように感じました。先生方も学生一人ひとりに親切で、学校生活がとても楽しいです。

これからは介護現場で様々な経験を積んで、いずれは多産業と連携しながら高齢社会に適した新たな事業にもチャレンジし、介護業界の発展にも貢献していきたいと考えています。

 

資格取得だけではない、人として成長できる学校

 中井 香里 さん

高校を卒業後、金融機関で10年間働いていました。働いていく中で経済的なサポートよりも心身的なサポートをしたいと考えるようになりました。

県内の学校を調べる中で、神戸リハでは社会人経験者が多く学んでいることを知り、幅広い年齢層の方々と切磋琢磨して、自分を高めるには良い環境であると思い進学しました。

入学後は、資格取得に必要な学習だけでなく「人として」「チームとして」等、思っていた以上に学ぶべきことが多くありましたが、クラスメイトとお互いに励まし合いながら、学びを深めることができました。レクリエーションに特化しているのも魅力だと思います。

また先生方は親しみやすく、悩み事があっても親身になって聞いてくださり、解決の道筋を示して下さいます。

これから進路を考える方には、オープンキャンパスに積極的に参加し、実際の雰囲気を知った上で、納得した進路を選ばれることをお勧めします。