学生の声

スポーツの分野でも活躍できる理学療法士を目指して

tojima

戸島 将輝 さん

病院で目にした理学療法士の姿がとても格好良く、自分もこんな人になりたいと感じ、理学療法士になろうと思いました。神戸リハに決めた理由は、オープンキャンパスでの先生方の雰囲気の良さ、そして交通アクセスも決め手となりました。
毎日の勉強は思っていた以上に大変です。でも授業では臨床現場で活躍されている先生方の貴重な話をたくさん聞くことができ、とても熱心に指導してくださいます。また、1年生前期の授業で先生と1対1で行う口頭試問を通して、入学後すぐに自ら勉強する習慣が身についたことが大きいです。
卒業後はまず病院で色々な経験を積み、将来はスポーツの分野でも活躍できる理学療法士になりたいです。

 

「出会えてよかった」と思われる理学療法士に

tabuchi

田渕 紗佳 さん

神戸リハに決めた理由は、通いやすさと、単位互換制度や特待生制度など勉強の励みになる制度が充実しているから。また学力試験とは異なるAO入試は、社会人の私にとって後押しとなりました。
学校行事では他学年との交流を通して授業や実習の話を聞くことができ、先生方は熱心で協力的なので、とても心強いです。
これから進路を考える方には、実際に理学療法士の方とお話する事をおすすめします。自分に合っているか考え、どんな理学療法士になりたいかが明確であれば、勉強の糧にもなります。
卒業後は前職での経験を活かし、障害を持つ子どもたちと関わって、「出会えてよかった」と思われる理学療法士になれるよう努力していきたいです。

 

介護職の経験を活かし、高齢者のリハビリや介護予防に携りたい

okuda

奥田 景大 さん

介護職員として働いていた時、理学療法士の方から介助方法などたくさんアドバイスを受け、自分も理学療法士として働きたいと思うようになりました。再進学には不安もありましたが、オープンキャンパスで先生方が親身に相談にのってくださり、決意しました。
勉強は大変ですが、クラスは年齢関係なく仲が良く、一緒に教え合い、学ぶ事ができるので、頑張る力になっています。先生方もよく話されますが、理学療法士は国家試験に合格したら終わりではなく、勉強し続ける職業です。勉強を苦しいと思わず、楽しいことだと思って、日々努力しています。
将来は、介護職員としての経験を活かし、高齢者に対してのリハビリや介護予防に携わっていきたいです。