放送大学との連携協力

ダブルスクールで学士が取得できます

神戸リハビリテーション福祉専門学校は放送大学と連携協力しています。
放送大学との「併修制度」を活用すれば、放送大学卒業に必要な124単位のうち、本校で学んだ科目が最大60単位まで認定されるため、残り64単位を本校在学中より通信教育で修得することによって、大学卒業資格である『学士(教養学)』の学位を最短4年間で取得することができます。

 

専門学校入学と同時に併修する「ダブルスクール型」での連携になります。

放送大学とのダブルスクール 10のメリット

1.幅広い知識を得られます

語学を含めた幅広い一般素養科目を用意しており、知識の習得や専門学校での勉強にも役立ちます。

2.専門士と共に学士取得

卒業すると学士(教養)の学位が得られ、大学院の受験が可能となります。また、大学評価・学位授与機構を通じて専門分野(保健衛生学)の学士取得を目指すこともできます。

3.専門学校での取得単位を大学の単位として認定

専門学校で学んだ単位が最大60単位まで認定できるので、大学を卒業するのに必要な単位が軽減できます。

4.スクーリングの単位は専門学校で修得

専門学校での修得単位はスクーリングの単位として認められるので、スクーリングは必要なく、放送授業のみの受講で卒業要件を満たすことができます。

5.授業料は単位制学費です

放送大学は完全単位制。登録した科目の分だけ授業料を払うので、自分のペースで勉強しても無駄がありません。

6.授業料の負担が少ない

授業料は1単位当たり5,500円ととてもリーズナブル。専門学校で学んだ単位が60単位認定された場合は、最小額の37万6千円で卒業できます。

7.単位は生涯不滅です

放送大学の在籍期間は最長10年。期間を満了後も再入学できます。再入学前に取得した単位は、卒業単位として認められます。

8.大学施設が利用可能

放送大学の『全科履修生』として入学するので、全国にある放送大学学習センターの施設を利用することができます。

9.就職にも有利

高い教養と幅広い知識が認められるとともに、学士取得後は大学卒業の資格をもって就職できます。

10.時間と場所を問わずに受講

放送大学の授業は、好きな時間に自宅のパソコンやスマートフォンから受講できます。

放送大学の学習システム

放送授業の視聴方法は、BS放送、ケーブルテレビ(放送されている地域)、学習センターでの視聴、DVD,CDの貸し出しによる所属学校内での視聴があります。
また本学の学生を対象に、全放送授業科目のインターネット配信(パソコン・スマートフォン・タブレット端末等対応)を実施しています。放送大学の学生用WEBページから、1科目15回分が24時間どの回からでもくり返し視聴可能です。オンライン授業はインターネット上で提供される諸情報による双方向性を生かした学習を行います。

学習スケジュール

1.出願・科目登録

神戸リハビリテーション福祉専門学校へ入学する前に、放送大学にも出願と科目登録を行います。出願に関する手続きは神戸リハビリテーション福祉専門学校で取りまとめます。

2.印刷教材の発送

放送授業科目には、すべて印刷教材(テキスト)が用意されており、放送授業の視聴と印刷教材による学習をあわせて進めます。

3.放送授業・オンライン授業

放送授業にはテレビ科目とラジオ科目があります。いずれの科目も、授業は1回45分の放送が15回で、学期ごとに完結します。(第1学期:4月1日~7月中旬 第2学期:10月1日~1月中旬) 視聴方法は放送による視聴の他、インターネット、学習センター、所属校など複数あります。オンライン授業はインターネット上で講義を視聴、小テストやディスカッション、レポート等の課題を科目ごとに決められた期間に提出して学びを進めます。

成績評価は単位認定試験に合格した者、または学習状況が良好で、かつ課題に解答し、学習成果が認められた者には所定の単位が与えられます。オンライン授業の受講にはインターネットなどの受講環境が必要です。

4.通信指導

学期途中に1回、一定の範囲で出題されます。郵送またはインターネットで答案を放送大学に提出し、添削結果により単位認定試験の受験資格が得られます。

5.単位認定試験

15回の放送授業が終了した後、所属する学習センター(本校の場合は兵庫学習センター)で全国一斉に実施されます。

6.単位修得

成績は、第1学期は8月下旬、第2学期は翌年2月下旬に通知されます。

 

くわしい資料は下記のリンクからダウンロードできます。

【放送大学との併修案内パンフレット】pdf